血圧を測定している男性医者
  • ホーム
  • 栄養価の高い寿司の食べ過ぎは高血圧への近道

栄養価の高い寿司の食べ過ぎは高血圧への近道

我々人間は健康のために、日々いろいろな食べ物を食べています。
肉や魚、野菜に果物など栄養が豊富なものから、お菓子やジュース、ジャンクフードなど栄養がほとんど含まれていないものまで実に様々ですが、なるべく健康のために栄養価の高い食べ物を日常的に摂取する必要があります。

健康的な食材の中でもまず最初に思いつくのが、たんぱく質が豊富に含まれているものでしょう。
肉や魚、大豆類にはたんぱく質がたくさん含まれているため、牛肉や豚肉、鳥肉を調理したものや、焼き魚に煮魚、刺身などを、普段の食卓にぜひ揃えておきたいものです。

また何かの記念日などには、思い切って寿司を食べるのも良いかもしれません。
寿司ネタにはたんぱく質が豊富に含まれているものが非常に多いため、数か月に一度くらいは思いっきり食して栄養補給をするのも結構でしょう。
家族や友達同士でなるべく高級な寿司店を予約し、カウンターに座って落ち着いた雰囲気で美味しい寿司を堪能するのも非常に良いことです。

しかしこれらを摂取しすぎるのも、健康にとって良くありません。
特に寿司などは味が美味しいのでどんどん食べてしまいますが、その分各ネタのカロリーも高いため、食べ過ぎると肥満の元になってしまいます。
また高血圧など体の内側にもトラブルが起こるため、程々に摂取することが大切です。

またこれらの食事を摂取した後は、少し間を空けてから運動をすることも大事です。
ご飯を食べてすぐ寝ると肥満になると昔から言われていますが、あながち間違いではないはずです。
高血圧を予防するために、ウォーキングなどの有酸素運動を少しずつ行っていくことが重要なのです。
自分や家族のために高血圧を患うような不健康な体にならないために、なるべく少しは体を動かすことが必要です。

関連記事