血圧を測定している男性医者
  • ホーム
  • 高血圧になるとどうなるか

高血圧になるとどうなるか

薬を飲む男性

生活習慣病のひとつとして数えられる高血圧は多くの人にとって悩ましい病となるのですが、しかし「発症したらどうなるのか」ということについては今一つ知られていないところが多い病気でもあります。
では高血圧になるとどうなるのかというと、まず最初に押さえておきたいのが「高血圧になったからと言って即座に問題が出るわけではない」ということです。

血圧値は人によって違いがあるものですし、血液が血管にかける圧力が高いというのもすぐに問題を引き起こすわけではありません。
そのため血圧が多少高い、また一時的に高いといったようなケースであればそこまで心配をする必要はないのです。
むしろ血圧はストレスなどによっても高くなりますから、過度に気にしすぎるのは却って体に悪いと言えます。
ただ日常的に血圧が一定値を超えていて、病院から高血圧だと診断された場合には心筋梗塞と脳梗塞のリスクが出てきていると認識することが必要です。
そもそも高血圧では血管で本来よりも高い圧力で血液が流れているということになりますから、血管はそれだけ痛みやすくなっています。
そのため血管の内側では血栓と呼ばれるかさぶたのようなものが出来やすくなり、これが血流に乗って脳の血管をふさぐと脳梗塞、心臓の血管をふさぐと心筋梗塞になるわけです。
どちらも極めて致死率が高い病気である上、一命を取り留めたとしても後遺症が残るリスクが大きいため非常に危険な病気です。
そのため高血圧と診断された人には食事と運動を含む生活習慣の改善と、場合によっては降圧剤などの薬を服用しての治療を行っていくことになります。

例えばアダラートは血管を収縮させるカルシウムイオンの流入を抑え、血管を広げる役割がある降圧剤です。
インデラルは交感神経に作用し心臓の過度な働きを抑えるβ受容体遮断薬と呼ばれる降圧剤です。
基本的に降圧剤は病院で処方してもらうのですが、最近だと通販で購入することもできます。
しかし、インデラルに関しては処方箋がないと手に入りません。
そこでインデラルのジェネリック医薬品の通販という手段があります。
ジェネリック医薬品の効果はインデラルと同じものですが、後発薬なので値段が格安になっていて、継続して使いやすくなっていますのでおすすめです。

降圧剤を使用する場合は副作用を初めとする服用上の注意をよく確認しておきましょう。
厚生労働省の統計を見てみますと50代ごろから心疾患や脳血管疾患による死亡数が増えていますから、年齢を重ねてきたのであれば血圧は常に注意するべきと言えます。

関連記事
  • 血圧を測定される患者
    高血圧でも健康な場合 身体測定や、人間ドックによって、高血圧を指摘された場合でも、健康に関する不安を全く感じない方も多いの... 2019年06月13日
サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ